集客に困っているまつげエクステサロンオーナーのためのオンラインスクール「Lacie」のオフィシャルサイトです。

  1. ビジネス
  2. 3 view

電話応対の重要性

こんにちは。山中です。

あなたのお店では、どのようにしてご予約を承っていますか?

ニーナでは、基本お客様とは電話でやり取しています。

特にご新規様の場合、ご来店前にも電話によってコミュニケーションを取ることで、お客様の人柄を事前に知れるため、当日お会いするも前にお客様に接する準備ができたり、不明な点を事前に事前に確認できるため、お客様に安心してご来店いただけるようにしています。

初めてご予約くださるお客様とは、まだ信頼関係を築けていません。

メール予約やネット予約など、直接コミュニケーションを取らないツールを使用して予約を取られると、無断キャンセルなどにも繋がると感じていますし、直接、電話でお話をしてこちら誠意が伝わると、お客様のそういった行動を取りにくくなるのではないかとも感じています。

また、初めてご予約をくださるお客様は、不安な気持ちを持ってご予約してくださる方もいらっしゃるかと思います。

対応が悪ければ「やっぱり予約しなくでいいです」となってしまったり、「またかけます」と言って電話を切ってそれっきり、になってしまうことだってあります。

だからこそ、安心感を届けたい「このお店に予約して良かった!」「行くの楽しみ!」となっていただきたい。
そう思って、心遣いのある電話応対を大切に行なっています。

実際、ご新規様にご記入いただく、カウンセリングシート内の「ご来店のきっかけ」の部分には、”電話対応が良かったから”というお声をいただくことも少なくありません。

実際にどのように電話対応しているかというと、
ご新規様用・ご新規様ブライダル用・リピーター様用の3つのシートを用意し、
お客様の種類別にシートを使いながら電話応対しています。

そのシートは、上から順を追って伺いながらシートに記入していくと、漏れなく予約が受けられるようにしてあります。

そのシートを使えば、新人スタッフが電話に出たとしても、一定のクオリティを保った電話応対ができます。

シートについては、次の記事で。

ビジネスの最近記事

  1. まつげエクステサロンが持つべき「マクロな視点」

  2. 電話応対の重要性

  3. まつげエクステサロンが意識するべきお金とリスクのお話

  4. まつげエクステサロンビジネスに欠かせない2つの力

  5. まつげエクステサロンビジネスに「正解」は無い

aaaa

関連記事

PAGE TOP